コンテンツへスキップ

工事を進めることになり

だが、五000万円の新築マンションを、頭金1000万円を入れて買い、十年住んでも同額の五。万円で売れたらどうなるか。プロが行なったそんなシミュレーションがあるので、以下に紹介してみよう。ポイントはローンの設定だ。ローン借り入れ四000万円の月々返済額を一七万円「元本一一万四000円、金利平均五万六000円」に設定すると、十年間の元本返済額合計が一三六八万円になる。このマンションが十年後に、買った値段で売れるとどうなるか。すごいことになる。一000万円の頭金を元手にして、十年間で元本返済額相当分の一三六八万円を稼いだことになる。

間取りもあり

これを年利換算すると、利回りはなんと一三·六八%の高率に。デフレ不況下、金利ゼロといわれる現在でも、やり方次第では、こんな芸当もやってのけられるのだ。このシミュレーションは、ネットの不動産情報サイト「住まいサーフィン」で知られる不動産マーケテイング会社「アトラクターズ·ラボが作成したもので、「週刊ダイヤモンド」「期日号」に掲載されている。興味のある方は、一度確かめていただきたい。きっと参考になるはずだ。どうすれば、そんなマンションの買い方ができるのか。点を挙げている。

 

家には南東の角にはめ殺し窓があって

床壁が珪藻土や漆喰の住宅

この主張の③こそ、実は、現在のわれわれの住まいの原型がこの大正期に生み出されたことをはっきりと示すものに他ならない。少し説明しよう。今日、われわれが住宅を考える際に、住まいは家族のものだから一番大事な部屋は家族団欒のための居間であると考えるのが一般的だ。私も学生時代に講義の中で、このこと、すなわち、「住まいは家族のもの」「住まいは団欒の場」といったことをあたかもキャッチフレーズであるかのように何度も何度も教え込まれた。しかし、もう少し古い時代の住まい、すなわち、江戸時代の武士社会の中で生み出された書院造と呼ばれる住宅では、住まいは家族のものではなかったし、家族団欒のためのものでもなかっそれが、「家族のものと考えられるようになるのは、明らかに欧米の近代的な思想の影響であり、そうした考えのもとで具体的な住まいがつくられるのは大正期になってからのことだったのである。そして、この家族のための住まいを示す象徴的な部屋が、現在、われわれが使い慣れている居間でありリビングであった。

インテリアの場合おしかも、この居間は、どちらかといえば、伝統的な畳の部屋ではなく欧米の住宅をモデルとしたこともあって椅子座の部屋がイメージされていた。文化村に出展された樋口組の住宅も、まさにこうした考えに基づいて設計されていた。その間取りは玄関から広間を通って奥に進めば「食堂兼居間」と記された椅子座の部屋に行き着く「図6」。この部屋は、この住宅の中で一番大きな部屋で、間取りの真ん中に置かれている。それは、まさにこの部屋こそ住まいの中心であり、最も大切な部屋であることを示している。
家を建てたいという理想に対し
家を建てたいという理想に対し

古本として扱われているが建築

それをクリアする事で面白い建物が住宅という案内書」を作ってもらい、特に著しい音が発生してしまうときや、どうしてもご挨拶に伺ってもらうと、騒音トラブルや、車の駐車スペースのトラブルなどにならなくて良いと思います。「親しきなかにも礼儀あり」といいます。が、「家が建つと腹が立つ」という言葉もある通り、さん·お施主さんの双方が挨拶に行けば、些細なトラブルも回避できます。なんの挨拶もなしに、がたがた解体して、知らない車が家の前に止まったりするよりは、事前に工事店せっかく施主支給で頑張ってきて、最後の工事の段階で、近隣の皆さんとトラブルになってしまっては、後味が悪いリフォームになってしまうのでこういうところも注意が必要です。②工事店さんにぜひお願いしてもらいたい事。

住宅はこうした江戸期の武士の生み出した

ぜひ工事店さんにお願いしてもらいたいことがあります。それは、工事中の写真を出来るだけ取ってもらうようお願いする事です。ビフォーアフターのような開始前開始後は、お施主さん達でも取れると思うのです。が、工事中のかくれてしまう場所である、各配管の工事状況などは仕上がった後は分かりません。どのようにして工事したのか?が少しでも写真に写っていた場合、万が一なにか問題があった時に、写真が資料となり役立つ可能性があるからです。家づくりを任せようとは思えないでしょう